カテゴリ:旅行( 33 )

Grand Circle -1200mile drive- Day 5・6

前回の旅行記から随分と日にちが経ってしまいました・・・^^;
長々と続いたグランドサークルの旅、今回の更新が最終記事です。

昨日の段階で、『明日は 大雪』との情報を得ていた私たち。
一刻も早く、グランドサークルを出て、ラスベガスに向かいたい。
朝7時、真っ暗の中、出発。辺り一面雪景色。そして、なおも振り続く雪。このレンタカーでは、かなり注意が必要。。。ごめんね、運転代わってあげられなくて。
通常よりも2時間オーバーでラスベガスに到着。総走行距離、約1200マイル。1800km。運転、お疲れさまでした。

さて、渡米して3回目のラスベガス。
過去2回は、レンタカーを借りていなかったので、ストリップを車で通るのはもちろん初めて。
アウトレットまで足を伸ばしてみたり、ちょっと遠いホテルのバフェまで行ってみたり(結局、混みすぎて断念したけど・・・)。

b0182124_138452.jpg
ラスベガスには、どんどん新しい建物が立っていて、夏にはまだ建設中だった、ホテル The Cosmopolitanがオープンしていた。中をさーっと通ったら、なんだかバブル?ってな印象のガラスのオーナメント。
b0182124_139183.jpg

夜はお待ちかねのショータイム♪
シルク・ドゥ・ソレイユ、二度目の”O”。
前回見たときと、一部内容が変わっていた。この日がたまたま?それとも人が替わったりしたのかな?前の方が感動が大きかったけれど、それでもやっぱり満足☆

そして、Holly Madisonのアダルトショー”Peepshow”。夫の熱い希望で(笑)。
b0182124_1385349.jpg
プレイボーイ誌のトップモデルだった彼女、アメリカでは超がつく有名人なんだとか。
最初は、あんまり乗り気じゃなかったけど、実際見てみると、結構面白かった。生歌は上手いし、迫力があってかっこ良かった。そんなにエロさは感じなかったかな。筋肉美にうっとり。

今回、カジノは二人で$15程しか使わず。
この旅行中、風邪っぴきだった私たちには、「乾燥」と「空気の悪さ」が天敵だったので、カジノフロアは、あまりに空気が悪く長居出来なかった・・・。
b0182124_1311876.jpg
ホテルは、Planet Hollywood。
モダンなインテリアのホテル。一番安い部屋で予約していたと思っていたけど、向かいのベラッジオの噴水も少し見える部屋でなかなか良かった。
翌日は、チェックアウトしてから、飛行機の時間まで、ソファに座って睡眠。

あ、そーだ。
新しく我が家に加わった、旅行のお供。Handycam と Gorillapod。
b0182124_1323535.jpg
写真よりも動画の方が、後で振り返ったときに、当時のことを思い出せる。
Gorillapod=くねくね曲がる三脚。
車の中でも設置出来るし、岩山にも大丈夫だし、二人の旅行だとツーショット写真がほとんどない・・・なんてことも解消されるし。便利!


そんなこんなで、もう旅行してから1ヶ月以上経ってしまいました。
どの場所もそれぞれに魅力があったけれど、私は、モニュメントバレーが一番だったかな。
あの大自然がこのまま人工の手を加えられずに、自然であり続けますように。。。
[PR]
by aduchoco | 2011-02-01 13:35 | 旅行

Grand Circle -1200mile drive- Day 4

この旅行中、毎日、朝は太陽より先に起きていた。
b0182124_14172065.jpg

この日は、前もってAntelope Canyon ToursのHPから予約しておいたアッパー・アンテロープキャニオンのツアー。調べるとどうやら、正午のツアーがベスト!らしい。だけど、その後の予定も考えて、朝8時半のツアーで。ホテルから10分程で集合場所に到着。
現地まで連れて行ってくれたのは、このタイヤが大きいトラック。気分はドナドナ。
b0182124_14222056.jpg


■ アッパー・アンテロープキャニオン(Upper Antelope Canyon)
砂丘が固まってできた砂岩が長い年月をかけて、鉄砲水に侵食され、幅の狭い渓谷が形成された場所。この狭い入口を入っていく。
b0182124_14234935.jpg
思っていたよりも狭く、人一人が通れるのがやっと、という箇所も。
b0182124_14241528.jpg
この日、天気は良かったものの、やはり朝早いため渓谷に入ってくる光の量が少ない。けれども、それはそれは神秘的で、世界中から写真家のみならず多くの人々が足を運ぶのも頷ける。
b0182124_14241722.jpg
残念ながら綺麗な写真は撮れなかったけど(光のせいだけでなく、私の技量不足も・・・ね)、とにかく綺麗だった。何層もの薄い層が重なって、なめらか・しなやかな曲線を生んでいた。
b0182124_14242362.jpg
ピンクがかって見えたり、黄金色に見えたり、不思議な空間。

そして、アンテロープキャニオンを後にし、グランドサークルのドライブの最後の場所、グランドキャニオンへと向かう。車で約3時間。


■ グランドキャニオン国立公園(Grand Canyon National Park)
大渓谷。冬場は、コロラド川より北川のノースリム(North Rim)は閉鎖されていて、南側のサウスリム(South Rim)のみオープン。このグランドキャニオンは、東西に広がる渓谷を様々なポイントから、それぞれの角度で楽しむことができる。レイクパウエル方面から入園した私たちは、東側から順に見ていくことに。

Navajo Point。東側から2つ目のビューポイント。ここは、比較的人が少なくてよかった。全体的に淡い色に映った、グランドキャニオン。
b0182124_14273224.jpg
そして、Lipan Point。左の岩壁に写っている人、ちっちゃい。
b0182124_14274123.jpg
と、ここまでは写真の撮影時刻からビューポイントの場所を推測できたけど、見ては移動、を繰り返していたからどこに立ち寄ったのかもう分からなくなった^^;
b0182124_1430519.jpg
ヘリが飛んでいるのを発見!(↓ 写真中央辺り)
上から見ていると、誰かがラジコンで遊んでいるんじゃないか、というくらい小さいヘリ。きっとヘリから見る景色は迫力があるんだろうな~。
b0182124_14304363.jpg
夕暮れ時の風景はまた素晴らしいみたいだけど、その時間まで待てず、夜ご飯の買出しに行って早々とホテルへ。
b0182124_14324751.jpg


この日は、公園外のBest Western Grand Canyon Squire Innに宿泊。綺麗で広い部屋だった。
さて、次の日は、とうとうグランドサークルとお別れ。ラスベガスへ戻らなければ。気になるのは、お天気・・・
[PR]
by aduchoco | 2011-01-25 14:45 | 旅行

Grand Circle -1200mile drive- Day 3

モニュメントバレーの朝焼けを見たい。

ホテルの部屋のテラスからボーっと。三脚を立ててカメラをセットし、自分は椅子に座ってコーヒー飲んで。
少しずつ明るくなってくる。こうやって自然を前にただ眺めているだけ、というのは幸せな時間。結局、日が昇る場所に雲がたくさんあって期待していた朝焼けの景色ではなかったけど。
b0182124_845525.jpg

完全に日が昇ったところで、今日もまたドライブ開始。このモニュメントバレー周辺にも、いくつか見所がある。

■ メキシカンハット(Mexican Hat)
US-163をずっと北上していくと、町があり、小さいながらも自己主張が強いメキシカンハットが見えてくる。
それに向かって、車を走らせ、Mexican Hat Rockの標識を見逃さないように注意する。観光ガイドにも一応載っている場所ではあるけど、道路は舗装されていないので景観が損なわれていないのが、いい。公園でもなんでもなく、ただの岩山。
b0182124_845178.jpg
その岩山のてっぺんが、メキシカンハットの形に似ている、という。なるほど、なかなかのネーミングセンス。
b0182124_8441978.jpg
(左上に小さく見えているのが、メキシカンハット。)
周りは巨大な岩山。近いようでほどよく遠い距離にあるので、圧迫感はなく、開放的。観光客は私たちだけだったし(少し離れたところにリアル・カウボーイはいたけど)、静かで朝の澄んだ空気が心地良かった。ここに来ることは前日の夜に急遽決めたのだけど、来て大正解だった。

■ グースネック州立公園(Goosenecks State Park)
メキシカンハットから車で15分程。蛇行した川の形からその名が付けられた。
なぜ単純にまっすぐ流れずに、こんな形になってしまったのか・・・。ちなみに、この日、別の場所でも蛇行した川を見ることとなる。ここは、薄い緑色をしていた。遠くにモニュメントバレーのビュートが見えた。
b0182124_8501368.jpg

■ モキダグウェイ(Moqui Dugway)
UT-261の一部。車であの断崖を上る。どうしてトンネルにしなかったのか・・・大型車などは迂回するように、との標識が出ている。
b0182124_8511823.jpg
坂道、急カーブ、間近に岩の壁。そして、カーブにミラーはなし。自分で運転するのは嫌だな。
b0182124_9739.jpg
上からの眺め。見えている道が、今通ってきたUT-261。
ここを上り切ると、再び舗装された道になり、また別のポイントへ行くことが出来る。でも、私たちはここでUターン。
b0182124_8453635.jpg
b0182124_94388.jpg
(クリックすると大きくなります。)


来た道を戻り、再びモニュメントバレーを走りぬけ、レイクパウエルへと向かう。
そのモニュメントバレーへ戻るときに見ることができる絶景。フォレスト・ガンプ・ポイントというそうな。
b0182124_8454465.jpg
映画『フォレスト・ガンプ』で、フォレストが走るのを止めた場所、ということをこれを書いている時に知った^^;フォレスト・ガンプ見たけど、記憶にないなぁ。。。
少し雲が多かったので、白っぽく見えてしまったけど、天気が良い日はもっと綺麗だろうなぁ。
b0182124_8454749.jpg



■ ホースシューベンド(Horseshoe Bend)
そして、モニュメントバレーから約2時間半。レイクパウエル(Lake Powell)のホースシューベンドへ。
駐車場から展望ポイントへは砂地を15分程歩く。ほら、あの窪み。結構遠い(帰りは息が切れた・・・)。
b0182124_8455476.jpg
馬の蹄の形に蛇行した川。川の水が緑色に見える。グースネック州立公園よりこっちの方が好きかなぁ。
b0182124_8455752.jpg



レイクパウエルの湖を見つつ、ホテルへ。この日のホテルは、Lake Powell Resort。夏には予約でいっぱいになるらしいけど、この時期は閑散としていた。ちなみに、ここレイクパウエルがあるペイジ(Page)という町には、モーテルが20軒ほどあるらしい。しかし、ここを予約出来なければ70-100マイル離れた町まで行く羽目になるのだとか(地球の歩き方より)。
b0182124_9103449.jpg
(夕方の湖は綺麗。)

[PR]
by aduchoco | 2011-01-21 09:45 | 旅行

Grand Circle -1200mile drive- Day 2

この日の予定は、ブライスキャニオン国立公園(Bryce Canyon National Park)を見て、モニュメントバレーまで移動。ブライスキャニオンの見所は、何と言ってもフードゥーHoodooと呼ばれる尖塔群。グランドサークルの中でも、1番か2番目に楽しみにしていた場所。

さて、朝、部屋のカーテンを開けると、まさかの積雪。天気予報なんて全く見てなかったー><
とりあえず、車をソロリソロリと走らせて・・・。
と、ここで、この車にLのギアがないことに気づく。なぜー!?そんな車が存在するのか・・・。
とにかく安全第一にゆっくり・ゆっくりとブライスキャニオンへと向かってみた。

では、ブライスキャニオンの絶景!雪景色のフードゥーをどうぞーーー!

b0182124_13255276.jpg
って、おーーーーいっっ!!!
もう、ただの真っ白。なんにも見えない。どこに何があるの???雪もどんどん降ってくるし、寒いし、見えないし・・・。夫が、今回の旅で一番期待していた場所だっただけに、その落ち込みようったら・・・。

ちなみに、こんな雪景色が見えるそう。いーなー。見たかったーーー。
b0182124_13285818.jpg
(画像は、Bryce Canyon.com様よりお借りしました)


次のモニュメントバレーへの移動は、今回のドライブで一番長い距離。普通に走って5時間。雪道でノロノロ走ることを考えると、何時間かかることやら・・・てなワケで、ブライスキャニオンは、サクっと諦め、移動することに。

ブライスキャニオンを出発して60マイルは、ずっと雪道。ひたすら、のろのろ運転。。。
さすがの私も車の中で、睡魔に襲われることなく、夫の運転をサポート。ん?サポート?何もしてないか^^;

午後3時過ぎ、ようやくモニュメントバレー(Monument Valley)に到着。
モニュメントバレー。ここは、国立公園ではなく、ナバホ族の居留地。
b0182124_13311189.jpg
モニュメントバレーと言えば、数々の映画やCMなどに採用されている大自然がもたらした絶景。ビュート(残丘)やメサと呼ばれるテーブル型の台地が侵食によってモニュメントのような姿になった、というわけ。

特に、ツアーに参加する予定はなかったのだけど、真っ白のブライスキャニオンが不完全燃焼もいいところだったので、飛び込みでツアーを申し込んだ。ツアーは、The View Hotelの駐車場にポツンポツンと2つ並んでいる小屋で申し込む。すると、今すぐ出発するよ!と、客は私たち2人のみで出発。
広大なモニュメントバレー、観光客が自由に車で走れるところはごく一部。ツアーに申しこめば、もっと広い範囲を見ることができる。

ガイドさんは、ポイント・ポイントで、車を停めて説明してくれる。
ここモニュメントバレーで一番有名な場所、マルボロのCMにも使われたという3つのビュート。
b0182124_13373660.jpg
陽の当たり方によってビュートの色が変化する。あぁ綺麗。
b0182124_13373881.jpg

ジョン・フォード・ポイント(John Ford’s Point)。
b0182124_13375071.jpg
映画監督ジョン・フォード氏がよく撮影で利用した場所なのだとか。ここは、一般車も入ることが出来るポイントなので、観光客が多い。そのおかげで、この自然の壮大さがよく分かる。真っ先に出てくる言葉は「はぁ~」「わぁ~」とか。
b0182124_13455933.jpg

ビュートやメサには、ドラゴンやパンケーキ、エレファントなど、様々な名前が付けられている。これは、なんだっけな・・・何か名前があったはず。
ここへ来る途中、1件の家に遭遇。101歳のおばあさんが住んでいらっしゃるのだとか。ここで産まれここで育ったらしい。電気も水も通っていないこの場所で100年も暮らすって・・・。
b0182124_13515990.jpg
とにかくすべてが大きい。大きすぎる。
b0182124_13521558.jpg
ガイドさんが、途中、本当はフォトツアーでしか行かないんだけどね~というポイントへ連れていってくれた。岩の間からの景色。そういえば、『地球の歩き方』にも載っていた。
b0182124_13522045.jpg
The Thumbとかいうビュート。日が暮れてきて、いい感じ。
b0182124_135235100.jpg

たくさん写真は撮ってみたものの、一画に収まる風景ではないので、なんだか良さが伝わらない。
夫が撮ってくれていた動画を見返すと、その素晴らしさに再び酔いしれることが出来る。グランドサークルの旅で、私も夫も一番感動したのが、ここモニュメントバレーだった。
b0182124_13524739.jpg
夜は本当に真っ暗。日が暮れてツアーの車が帰ってきたあとは、もう目に映る物は何もなかった。
b0182124_14341419.jpg


この日は、The View Hotel に宿泊。全室の窓からモニュメントバレーの絶景が見渡せる、贅沢なホテル。
b0182124_14273169.jpg
(写真は翌朝撮影)

[PR]
by aduchoco | 2011-01-19 14:39 | 旅行

Grand Circle -1200mile drive- Day 1

昨年末。ラスベガスまで1時間半のフライト。到着したのは、朝の9時。
レンタカーを借りて、いざ、グランドサークルへ。

グランドサークルとは・・・
アメリカのユタ州とアリゾナ州の州境にあるレイクパウエルという巨大な人造湖を中心に、半径230kmの円を描いた時、その円(サークル)の中に含まれるエリアの呼称。10の国立公園、16の国定公園、19の国立モニュメントや州立公園が、その円(サークル)の中に含まれる。(Wikipedia)
b0182124_11435569.jpg
(↑ クリックすると大きくなります。)
今回の旅のスケジュール。
【Day 1】San Francisco → Las Vegas → Zion NP → Bryce Canyon NP
【Day 2】Bryce Canyon NPMonument Valley
【Day 3】Monument ValleyLake Powell
【Day 4】Lake Powell → Antelope CanyonGrand Canyon NP
【Day 5】Grand Canyon NP → Las Vegas
【Day 6】Las Vegas → San Francisco

※1日のうち、主に観光した場所を赤字で表記。NP=National Park。
アーチーズ国立公園(Arches National Park)は遠くて断念。ここもグランドサークルの代表的な国立公園の一つ。


さて、最初に向かったのは、ザイオン国立公園(Zion National Park)。
ラスベガスから車で約3時間。
ザイオンに近づくにつれ、大きな岩々が見えてきた。さぁ、ザイオンはすぐそこ!
b0182124_1231681.jpg
到着。
b0182124_13572985.jpg
四方八方、赤肌の岩・岩・岩。
b0182124_14212317.jpg
すぐ目の前にそびえ立つ岩山は、なかなかの迫力。3箇所ほど停車し、その景色を楽しんだ。
b0182124_14211033.jpg

The Narrowsと呼ばれるトレイルコースがあって、川の中をざぶざぶと歩くんだとか。暑い日に歩くと気持ち良さそう。

ちなみに、我が家のレンタカーは、KIAのSUV。チェーンは持っていなく、ノーマルタイヤ。
果たして、この時期のグランドサークルのドライブ、大丈夫か。。。
四駆だろうと思っていたら、普通に二駆だった・・・。しまったー。確認してなかったー><
b0182124_14285226.jpg


ザイオンを後にし、ブライスキャニオンへと車を走らせる。約2時間弱のドライブ。
少し雪景色のところもあったけど、道路に雪は全くなく、運転も問題なし。
b0182124_14393152.jpg
ホテルに向かう途中、夕日に照らされて黄金色に輝く岩山を見つけ、思わず停車。夕焼けの効果は絶大。
b0182124_14315442.jpg
(写真は、全然黄金色に輝いてない~^^;)

暗くなる前になんとかブライスキャニオンのホテルへ到着。夕食を買出しに行って、ホテルの部屋で食べた。
この旅行の直前から体調を崩し、ゴホゴホと咳をしながらの旅。咳が止まらず、苦しくて、、、外食している余裕がなかった・・・。


※追記※
この日(1日目)泊まったのは、Best Western Bryce Canyon Grand。
道路を挟んで向かい側に、もう一つBest Western (Ruby’s Inn)がある。このもう一つのBest Westernの方に、レストランや売店、ガソリンスタンドがあってなかなか便利な場所。公園ゲートまでは車で5分程。ちなみに、公園内の宿泊施設といえば、ロッジが一つあるのみ。
[PR]
by aduchoco | 2011-01-17 14:46 | 旅行

Trip to Cancun (Mexico) -- Day 5 --

今日でカンクンともお別れ。
帰りのフライトは16時だったので、朝からのんびりしながら最後のカンクンを満喫。
b0182124_82658.jpg
5日間の中でこの日が一番天気がよく、一番海の色が綺麗だった。
b0182124_826896.jpg
ビーチに行ったり、プールに行ったり。
プールから一番眺めがいいココは、いつも人がいた。海に繋がっているかのような場所。いいなー。
b0182124_8263169.jpg
朝から、ビール、フローズンカクテルなどをトータル5杯くらい飲んだら、さすがにお腹を壊した。
この日から6日くらい下痢に苦しんだ。人生初だよ、こんな目に遭ったの。。。
b0182124_8261921.jpg
チェックアウトの前に部屋から見えた、パラシュート。
あれに乗って、ボートで引っ張ってもらうんだよね、楽しそう♪ 爽快だろうなぁ。
b0182124_8264398.jpg


今回の旅のヘビーローテーションは、ホテルの部屋で流し続けたレゲエミックスCD。今回の旅行にぴったりだった。これまでも車の中で聴いたり、部屋の中で聴いたりしていたけど、きっとこのCDを聴くと、このカンクンの旅行を思い出すんじゃないかと思う。写真もそうだけど、音楽もその時々のことを思い出すいいツール。ということで、今回の旅行記の大半はこの音楽をかけながら書いた。楽しい思い出のひとつに加わってくれたこのCDに感謝☆

ゆっくり旅行記を書いているうちに、旅行からもう約1ヶ月・・・^^; 年末だね。
あー、それにしても楽しかったなぁ。素敵な旅行をありがとうね(to 夫)♪
[PR]
by aduchoco | 2010-12-24 08:44 | 旅行

Trip to Cancun (Mexico) -- Day 4 --

この日は、急遽行くことに決めたエコロジカルパーク、Xcaret(シカレ)

私たちは、前日お世話になったWatersports Cancunさんで、英語の1日ツアーを申し込んだ。
当日の朝、バンがホテルまで迎えに来てくれて、一度近くのお土産やさんに連れて行かれ、そこで行き先別にマイクロバスに振り分けれられ現地に向かう、という流れ。
英語ツアーと言いながらも、スペイン語6割、英語4割くらい。バスに乗ったときに、ガイドさんが「スペイン語分かる人~?英語しか分からない人~?」みたいなことを聞いてくれたのだけど、これが意外や意外、スペイン語分かるよって人が多かった・・・。マイクロバスに乗っていた日本人は私たち夫婦二人だけ(シカレ園内でも日本人はほとんど見かけなかった)。
b0182124_7341783.jpg
ガイドさんは、陽気なメキシコ人、パブロ。なぜか彼の名前は明確に記憶。
行きのバスの中では、彼のマシンガントーク炸裂。どこで息継ぎをしているんだ、というくらい喋る・喋る。おかげでスペイン語のリズムがなんとなく掴めてしまった。。。
ルー大柴のメキシコ版。スペイン語を喋っていたかと思うと、英語が混じり始める。常に耳を傾けていないと、どこから英語に切り替わったのか分からない。なんだか脳が疲れた。

現地に到着してからも、「パブロ~、パブロ~、パブロ’s グルーーープッッッ。」と声量・大で集合を掛ける彼。そりゃ、あなたの名前を覚えてしまうのも無理はない。説明は長いし、同じことを何回も言うので、正直、欝陶しかった・・・。到着して、お薦めレストランや帰りの集合場所などの説明を受けると後は自由行動。
b0182124_7342426.jpg

なんだかんだで開放されたのはお昼11時。まずは、川下りをして、そのあと、ランチかな。
私たちは、ランチ、ドリンク2杯、タオル、シュノーケルセット、ロッカーなどの料金が含まれたシカレ・プラスというチケットを購入していた。

川下りでは、上流で大きなバッグの中に荷物を入れると、下流まで運んでくれるので便利。なんだけど、そのバッグではなく、上流のロッカーにカメラを預けてしまったので、しばらくはカメラ無しで過ごすことに。残念。ウォータープルーフのデジカメを準備しておけばよかった、、、とめちゃくちゃ後悔。だって、懐かしの使い捨てカメラ(防水)を使ったものの、散々な写真ばかり。あーあ、カメラーーー。

上流はとにかく水が汚くて、ここでシュノーケルと言っても何を見ろと、、、って感じ。特に私たちが川下りを始めたときは、人がかなり多いときで、タイミング悪し、、、。コースは3つあって、1つはずっと洞窟を通るルート、もう一つは途中から地上に出て、マヤ人に会うルート、もうひとつは、地上に出てから、マナティを見るルート。私たちはマヤのルートを選択。途中から魚が見え始めた。下流になるにつれ、水が綺麗で魚がたくさんいた。川下りといいつつも、流れのない川なので、結局自分で泳がないといけない。結構疲れた。
b0182124_734396.jpg
右上、ピンクのライフジャケット着ている人がいるのが川下りのコース。

その後は、この下流から割りと近いレストランでランチバフェ。味は悪くなかった。ここのレストランは、水着のままでもOKだったけど、さすがに、ビキニのままバフェの料理を取りに行くのは抵抗が・・・なので、濡れた水着の上から着られるものを持っておくのがベター

そのあとは、またシュノーケルしたいね、と、シュノーケルが出来るエリアに向かった。この時点では、川下りのライフジャケットは返却していて、シュノーケルセットのみ。カナヅチな私は不安だったけれど、実は泳げたみたい。フィンがあったからかな・・・?底が砂まじりの岩場という感じなので、人がいないところに行くと、水中に砂が舞っていなくて魚が綺麗に見えた。サヨリがキラキラしていて、とっても綺麗だった。夫とは、「サヨリは水中の表面近くにいるね。(釣りの)勉強になるね~。」なんて会話も。。。(おーい)

そうそう、シュノーケルのとき、岩場で魚を探していた夫、ウツボを発見したらしい。彼らはかなり鋭い歯をもっているので、注意が必要。気づかず、彼らの巣に手を入れたりしたら大変なことになるらしい。子供もいるようなところで大丈夫なんかな・・・?

ここシカレには、動物もたくさんいる。
b0182124_733574.jpgb0182124_7341169.jpg

追加料金を払うと、ドルフィンスイム(イルカと一緒に泳ぐ)や、シートレック(ヘルメットを被っての水中散歩)やスヌーバ(スキューバダイビングの簡易版?)も楽しめる。意外と一つのアクティビティに時間を要するので、1日があっという間。夜には、ショーがあるし。

そう、シカレ・ナイトとよばれる夜のイベント。入り口でこんなものを貰う。
b0182124_7344623.jpg
マヤ文明の歩みと、メキシコ音楽が楽しめる2部構成のショー。ショーが始まる前には、先程のものに火が灯され、会場全体に火の明かりが。お~、綺麗~~☆
b0182124_7345299.jpg

この前半のマヤ文明に関するショーがなかなかよく出来ていて、面白かった。前日に遺跡ツアーに行って、【マヤ人が球技で競いあって神への生贄を決めていたこと】を知っていたのもあって、特に、この球技の実演には盛り上がれた。腰でボールを打ち、輪に通す、というなんとも難しいゲーム。2度ほどゴールが決まって、会場もかなり盛り上がっていた。
b0182124_735183.jpg
中央にあるのが輪。輪の右側、かなり俊敏な動きでゴールを決める人が。
生演奏のBGMがあったり。
b0182124_735778.jpg
後半は、目で見て楽しめるものもあれば、ちょっとメキシコ音楽を知らなければ、会場の盛り上がりについていけないところもあったかな。
b0182124_7351143.jpg
あれ、この写真は前半・・・だったかも・・・?

予定通りに終演しなかったため、途中で退出することとなってしまった(帰りのバスの時間があったので)。

ちなみに、ここシカレ、カンクンから南へ約70km。
えーっと、日本からは・・・
b0182124_7343071.jpg
12,000kmですって。
[PR]
by aduchoco | 2010-12-20 08:10 | 旅行

Trip to Cancun (Mexico) -- Day 3 --

この旅で、唯一計画していたのは、チチェン・イッツァとエクバラム遺跡のツアー。
これは、Watersports Cancunという会社の日本語ツアーを事前に申し込んでいた。
この日は、私たちを含め5組10名が参加。①チチェン・イッツァ→②セノーテ→③エクバラムというコースを一日で回る。走行距離にして600km。みんなを乗せたバンが動き出して、ガイドさんからそれを聞いてビックリした。えーそんな遠かったんだ・・・

①チチェン・イッツァ(Chichén Itzá)
1988年に世界遺産に登録されたチチェン・イッツァ。マヤ文明の遺跡。私、とにかく歴史が弱いので、マヤ文明と聞いてもピンとこないのが悲しいところ。正直なところ、当初予約したときには、世界遺産だし、スゴイんでしょー行ってみよー、、、くらいの軽い気持ちだった。スイマセン>< でも、ツアー前に少し予習しておいた。

■エル・カスティージョ
このチチェン・イッツァの中心的建造物が、エル・カスティージョ(El Castillo)。ピラミッド型の神殿。階段の段数と神殿に上がる一歩を合わせると、その数365。太陽暦の1年。このピラミッドをカレンダー替わりにしていたのだとか。
b0182124_12584224.jpg
すべて修復が施されているわけではなく、半分をオリジナルとして残して、修復がオリジナルに近いということを証明しているらしい。
b0182124_125913.jpg


■球戯場
2チームに分かれての対決。壁の中央にある輪にボールを通すことで、得点を競いあったのだそう。勝者側のリーダーの首を神に納めたのだとか・・・。この球技に関しては、翌日、別の場所で実演を観ることが出来た。
b0182124_12585064.jpg


■天文台
天文観測所。ここで、肉眼による目視で太陽の周期を算出していたらしい。ンな無茶な。ここにある建造物は金属を用いずに造られたというのも信じられないけど、実体験のみで太陽の公転周期などを割り出したって・・・とてつもなく優れた能力の持ち主マヤ人。
b0182124_12594100.jpg


②セノーテ
チチェン・イッツァを後にし、昼食を終えた後、ガイドなしでは辿り着くことが出来ないような場所にあるセノーテへ。
セノーテとは、【地層が陥没してできた自然の泉】のこと。地名ではない。マヤ文明が栄えたユカタン半島は石灰岩地層のため、地上に川がなく、このセノーテのように地下に水が潜っていた。つまり、当時、貴重な水があるセノーテがあるところに都市が造られたということ。
b0182124_1259847.jpg
地下へと続く階段を降りると、そこには、天から光が降り注ぎ神秘的な輝きを見せるセノーテが。
b0182124_1259112.jpg
この水の透明度が非常に高い。写真でも、底の岩が見えるくらい。ロープがあるところも深さ1.5m~はあると思うので、その透明度の高さがよく分かる。深いところで20m程あるらしく、自分がカナヅチだと思い込んでいた私は、ロープから手を離すことができなかった・・・。
b0182124_1393935.jpg
泉の中に、小さいナマズが住んでいた。後々、夫はここでシュノーケルしたかった・・・とかなり後悔していた。

③エクバラム(Ek’ Balam、エクバラン!?)
ここエクバラムは1994年に発掘・復元が始まったばかりの謎に包まれた遺跡。チチェン・イッツァのように世界遺産に登録されているわけではないので、お触りOK(笑)のところが多い。

■主神殿(アクアポリス)
王の墓があるピラミッド型の建物(写真奥)。
b0182124_1304080.jpg
階段でその頂上まで登ることができ、エクバラムの全景とジャングルを見渡せる。
b0182124_12592998.jpg
階段、といっても、手すりがないもんで、怖いのなんのって・・・まさに『行きはよいよい帰りは怖い』状態。
b0182124_1301912.jpg
ここの中腹にある王の墓。この墓は発見するまで石の壁によって隠されていたため、保存状態はとてもよく、修復なしでこの状態。
b0182124_1302398.jpg
これ、紀元600-900年に建てられたと言われるもの。修復なしで、これだけ彫刻が鮮明に残っているのは奇跡的。さすがにこれには触れることが出来ません。

頂上まで登り、360度見渡すと、そこに見えるのは、緑・緑・緑・・・ジャングル。
b0182124_13035100.jpg
きっと、星はめちゃくちゃ綺麗に見えただろう。このジャングルの中で、古代マヤ人は何を思って生きたのか。ネットでBlogなんてやってる私には到底想像できない。
b0182124_1303068.jpg


-----

マヤ文明。古代遺跡。今回、日本語ツアーだったからこそ、楽しめたと思う。ガイドさんはとてもいい方で、詳しく、興味を惹くように話してくれる。頭にすっと入りやすく、マヤ文明、マヤ人の一部を知ることができた。気の利いた言葉が出てこないけれど、遺跡を見ることができてよかった。海リゾートの合間の遺跡見学。いい。
b0182124_1304561.jpg
(エクバラム入り口にあるお土産やさん。)

[PR]
by aduchoco | 2010-12-18 14:03 | 旅行

Trip to Cancun (Mexico) -- Day 2 --

今回の旅行のテーマは、【のんびり】。
計画はというと、事前にひとつツアーを申し込んでいただけ。他はその場で考えたらいいや、と。
2日目のこの日はのんびりする日。
朝からビーチを散歩して、ビーチが見渡せるレストランで食事して。部屋に戻って、ビール飲んだり、ハンモックに揺られてみたり。このハンモックお気に入り。将来家を建てたらハンモック欲しいと思ったくらい・・・^^;
b0182124_164116.jpg
(うわ~、欲張ってこんなことしてみたら、写真見にくいな。。。笑)

近くのLa Isla Shopping Villageまで歩いて出掛け、おみやげ買ったり水族館に行ったり。
水族館は意外と綺麗だった(水とかガラスとか)。
b0182124_1641698.jpg
(あれ~、これまたなんかセンスない貼り付け方やな。。。)

そうそう、ここへ来る途中、歩道の横の芝生(?)に野生のイグアナ発見!
近寄るのが怖かったので、写真係は夫^^; (単焦点レンズのカメラだったので、ね。)
b0182124_16124711.jpg

夕食を食べて、バーでお酒を飲んで、ナイトショーを見て。ホテルでは曜日によって異なるショーが開催されるので毎日楽しめる。
b0182124_1642451.jpg
(あーもう写真は迷走中。。。)


こんな感じで2日目終了。3日目の遺跡ツアーへつづく。。。
[PR]
by aduchoco | 2010-12-15 16:30 | 旅行

Trip to Cancun (Mexico) -- Day 1 --

11月末、Thanksgivingの連休を利用して、4泊5日で、メキシコのカンクン(Cancun)に行ってきました。空の色で変化する碧い海。あー、楽しかったー。
b0182124_5244431.jpg

サンフランシスコを朝6時に飛び立ち、フェニックス経由でカンクンへ。
時差2時間。カンクン空港に到着したのは、午後3時過ぎ。
よかった。今回は、スーツケースが迷子にならなかった、と、ホッとする。

実は、旅行前日にクレジットカードが止められるというハプニングがあったけど...^^;

今回のホテルは、初めてのオールインクルーシブホテル、The Royal in Cancun。
オールインクルーシブとは、その名の通り、すべて込み。飲食代、ルームサービス、チップ、、、。
カンクンへの旅行を決めたとき、絶対オールインクルーシブ!!と思い、このホテルを予約。
その後、アクティビティを決めているうちに、ホテルにいる時間なんて限られてるからオールインクルーシブじゃなくてもよかったかも・・・なんて考えてしまったけれど、結果的には、私たち夫婦にはオールインクルーシブが合っていたかな、と。朝からビールを飲んだこともあったし、夜は毎日のようにバーに行っていたし。(フローズン・マルガリータばかり飲んでお腹を壊したけど。)とにかく、お金のことを気にしなくていいのがラク。

さて、ホテル。オンラインチェックインのときに、「Honeymoon」だと申請していたからか、乙女ゴコロをくすぐられる仕様の室内。このローズ、本物。テンション上がる♪ まずは、部屋に用意してあったスパークリングワインで乾杯☆
b0182124_513880.jpg

夕食は、Tapas Pinxosへ。カウンターに並べられたサンプルを見て、注文するシステム。ここのお店、全体的に美味しかったな~。少しずつ色んなものが食べられるのが嬉しい。ツナが詰められた赤いベルペッパーがお気に入り。家でも真似できそう。店員さんも感じがよくて◎。
b0182124_5131283.jpg

部屋にあるジャグジーにゆっくり浸かって、この日は終了。楽しい旅行になりそうな予感・大☆
[PR]
by aduchoco | 2010-12-14 05:45 | 旅行


California・San Joseでの暮らし。マイペースに更新中。


by aduchoco

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(50)
(35)
(28)
(24)
(15)
(13)
(13)
(13)
(12)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)

最新の記事

近況報告
at 2011-05-16 17:51
ただいま帰りました☆
at 2011-03-05 14:28
Farmers Market..
at 2011-02-02 16:05
Grand Circle -..
at 2011-02-01 13:35
Grand Circle -..
at 2011-01-25 14:45

以前の記事

2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...

検索

お気に入り

カテゴリ

はじめまして
アメリカ生活
日々の出来事
お出かけ
旅行
食べ物:お外
食べ物:お家
おけいこごと
手芸
ESLのこと
ちょっとした情報

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧