タグ:ESL・英語 ( 5 ) タグの人気記事

シャボン玉とESL。

b0182124_972491.jpg

♪ シャボン玉とんだ 屋根までとんだ 屋根までとんで こわれて消えた
 かぜかぜ吹くな シャボン玉とんだ


今日でESLのサマークラスが終了。そして夏休みの始まり。

最後の授業では、「あなたの国のみんなが知ってるような歌を歌ってください」という質問。
スーザン(先生)はアメリカのカントリーソングを紹介してくれた。はて、日本はそんな歌あるっけ・・・?

「日本はどうなの?」
「ほら、3人もいるから、みんなで歌えばいいじゃない!」
「歌って~歌って~♪」
・・・パチパチパチ(拍手)・・・

・・・「I forgot.」じゃ済まされないただならぬ雰囲気。

というわけで、なんとなく「シャボン玉」を歌うことに。
うーん、こんなにキー高かったっけ?「かぜかぜ吹くな~」って高すぎるし。
(歌詞忘れて、Hmmm~♪でごまかしたし。)

これが、自分でも意外なことに、歌ってみると、すっごく満足!なんか気分いい!!
台湾人のおばあちゃんも1曲歌い、皆からの拍手を受けると、2曲目に突入。
みんなの前で歌うのって気持ちのいいものなのかも。


そんなこんなで、家に帰ってから、一人でシャボン玉遊びを。
洗剤を水に混ぜて・・・ハチミツを入れて・・・。
(なぜハチミツ?)ハチミツを入れるとシャボン玉が長持ちするという情報を得たため。
ちなみに、めかぶとろろを加えると独特の強い香りがするそう。是非一度お試しあれ!私はやってないけど。


種明かし。お玉をベランダで振り回す、怪しい主婦。だって、ストローなかったんだもん。
b0182124_9135763.jpg


さて。カリフォルニアの財政難により、秋からのESLが有料化します。さらに、クラスも減らされ、授業時間も大幅に短縮されます。解雇される先生もいらっしゃいます。私は果たして、秋からも参加できるのか、怪しいところであります。今後どうなっていくことやら・・・。

とにもかくにも、5月から参加した、ESL。最初は、スーザンの言ってることが2~3割しか分からなかったけど、いつの間にか半分以上は理解できるようになりました。先生とクラスのみんなのおかげ。スーザンに最後の挨拶をしたとき、ちょっと泣きそうでした。私の片言の英語も、まずは話を聞こうとしてくれ、詰まったときには助け舟を出してくれたスーザン。聞いてくれる姿勢がすごく嬉しかったな。good studentって言ってくれたスーザン、また会おうねって言ってお別れしたクラスメートに感謝感謝です。
[PR]
by aduchoco | 2009-07-25 09:27 | ESLのこと

最近のESL。

What is a big problem in your country?
さて、なんと答える?

Summer Schoolが始まって2週間。ESLの授業がめちゃくちゃ長く感じる。

私のいる「Intermediate Low」というクラス。そう、中の下のクラス。
このSummer Schoolでは会話が重心が置かれているようで、Interviewがメインの授業。
そして、それぞれが自国について答えるというもの。

例えば、
【1】 What are the most popular sports in your country?
【2】 What is a big problem in your country?
【3】 How is the weather like in your country?
【4】 Describe the housing in your country?
【5】 Describe the helthcare system in your country?

などなど、これまでに行った質問は、20を越える。

【1】 スポーツを答えるのは、簡単。「野球」と答えた。
【2】 一番最初に思い浮かんだのは、「食料自給率が低い」こと。
   そんなこと私の英語力で伝わるわけない。「地震が多いこと」にしておいた。
【3】 とりあえず、「6月は雨が多い」と答えた。
【4】 ・・・むずっ! 「家に住んでいる人もいれば、アパートに住んでいる人もいる」
【5】 ・・・。・・・。 「全員、健康保険に入っている」

あー難しいぞー。正直、日本語でさえ答えに困る質問も多い。

「英語を上達させるには、まずは自国をよく知ること」 と、昔、先生に言われた記憶が。

確かに、他の国の人との会話において、お互いのパーソナリティーについてはもちろん、お互いの国のことを話すことって多い。そこから、会話が膨らむことも多々。

私は、「歴史」とか「経済」って分野がどうも苦手。
高校のときも、社会の選択は迷わず、「地理」を選択したっけ。
かと言って、「地理」が得意なわけでもなく。

今、全世界に何カ国の国があるか。
その答えは、難しく、国連加盟国でいうと、192カ国。(→国連加盟国のページを参照
私が地理の授業で覚えたのは、その中から108カ国の国名と場所と首都。
(果たして、何カ国覚えていることやら・・・)

同じクラスにいる、Eritrea(エリトリア)出身の女の子。
残念ながら、私が覚えた108カ国の国の中には入っておらず、どこにあるの?と聞いてしまった。エチオピアのすぐ北にある面積の少し小さな国。

彼女は、顔を合わせると、にこーっって笑ってくれる。自意識過剰ながら、私に興味を持ってくれているような気も(笑)数年で日本に帰る私は、この先、エリトリア出身の人に会うことなんてないのかもしれないし、英語がもう少し出来ると、お互いにもっと話せるのにな。帰国しても、エリトリア出身の女の子に出会ったことをずっと覚えていられますように。


いつのまにか、すっかり長く書いてしまった。おまけに支離滅裂。

今の授業の内容ってすごく大事だと思う。
だけど、難しくて、疲れる・・・というのが正直なところ。

あと2週間、乗り切るぞー。
b0182124_4153718.jpg
あー癒しのクラゲ。(Aquarium of the Bay in San Franciscoにて撮影)
[PR]
by aduchoco | 2009-07-12 04:16 | ESLのこと

Potluck Party@ESL class

Potluck Party = 持ち寄りパーティー。
私、初めての体験。
先週末で、一旦ESLのクラスが終了。なので、最終日はPotluck Party。

並べるやいなや、一番になくなったのは、ブルガリアの「バニッツァ」と呼ばれる伝統的なパン。
b0182124_1432517.jpg

ブルガリアでも各家庭によって作り方は様々なんだとか。
このバニッツァは、チーズが練りこんである、ふわふわのパンで美味しかった。

韓国マダムは、チャプチェとキムチを。
b0182124_147798.jpg

どっちも美味しかった。特に自家製キムチが美味!
作り方教えて欲しいなぁ~。

他のクラスとも合同だったので、本当にたっくさんの料理が集まって、いろんな種類が食べられた。
韓国料理は全部美味しかった。
デザートもいっぱい。お腹いっぱい。
b0182124_15119100.jpg

b0182124_1523265.jpg



日本人らしく、お寿司が作れるようにならないと、ダメかしら。
[PR]
by aduchoco | 2009-06-17 01:54 | ESLのこと

気になる問題

さて、問題。

  Which household chore do you prefer to do?

   a. Wash the dishes.
   b. Iron the shirts.
   c. Clean the bathroom.

ESLの授業でのこと。
あなたの気分に最も合うものを選んで、クラスメートに聞いてみましょう。といったゲームをした。
そのうちの1つのQuestionが上記のもの。

日本人・韓国人・中国人・インド人に聞いて回ったところ、
「a」という答えがほとんどだった。

お国が違っても、みなさんお皿洗いがマシ・・・好きということのようだ。

そんな私も、「a」を選択。

食器を洗いながら、カウンター越しに夫と会話するのが好きだったりする。
(お、新婚さんのような発言。)

食器乾燥機はあるけど、使うのは週1くらい・・・。
ほぼ、「手で洗った食器を乾燥させる場所」と化している。

なぜなら、乾燥機の上段の乾きが甘いから。

乾燥が終わったまま放ったらかしにしておくと・・・
b0182124_1345204.jpg

こんな有様。
乾き残りが顕著。

これが、どうしても気になる。
うまく乾燥させてやらないと、水玉模様の物体が残る。
(日本じゃこんなに、水汚れなかったと思うんだけど・・・。)

よって、乾燥の際の食器の向きに注意を払うため、手洗い。

かなりの遠回りになったが、今日はこれがどうしても言いたかった。

さて、本当の問題。

   「フライパンに残った白い物質は一体何?」





・・・そういや、待てよ・・・。
みんなが「a」を選んだのは、食器乾燥機ウィ~ン・・・楽チン~♪・・・だからなの?
[PR]
by aduchoco | 2009-06-03 14:02 | アメリカ生活

アダルトスクール

ようやく、念願の(?)アダルトスクールに通い始めました。
私が受講するのは、ESL (English as a Second Language)。
なんと無料。

※追記:2009年fall semesterより、ESLのクラスも有料化します。

アダルトスクールというのは、国が様々なプログラムを提供してくれている公共のサービス。ビジネスや、コンピュータ、ダンス、ヨガ、料理・・・などを学ぶことが出来る。これらESL以外は、ほとんど有料。といっても大して高くはない。

今回、私が受講するのが、ESL。略の通り、第二の言語として英語を習得したい外国人のために設けられた講座。

受講するためには、テストを受けなければならない。
私のところは、「Listening」と「Reading」のテストがあった。
その結果によって、Beginning, Intermediate, Advancedの大きく3つに分けられる。その中でも、レベル別になっている。
私は、Intermediate Low。分かりやすくいうと、「中の下」というレベルか。
私のクラスには、日本人が数人。韓国人・メキシコ人が多い様子。たぶん他の国の人もいるだろうけど・・・。
今日、隣に座ったメキシコの女の人は、笑顔がすごく可愛い人だった。

先生の話は、2~3割くらいしか理解出来ていないと思う。
いや、理解できているのか?・・・なんとなーく、場の雰囲気だとかで、分かる、という感じ。

周りの生徒さんたちは、かなり英語を話せるよう。先生とも、コミュニケーションが出来ている。

よし、頑張るか・・・。



☆今の私のささやかな目標。
  すぐに、「No」という癖をやめる。断るときは、「No thank you」。
[PR]
by aduchoco | 2009-05-27 06:51 | ESLのこと


California・San Joseでの暮らし。マイペースに更新中。


by aduchoco

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(50)
(35)
(28)
(24)
(15)
(13)
(13)
(13)
(12)
(9)
(7)
(6)
(5)
(4)

最新の記事

近況報告
at 2011-05-16 17:51
ただいま帰りました☆
at 2011-03-05 14:28
Farmers Market..
at 2011-02-02 16:05
Grand Circle -..
at 2011-02-01 13:35
Grand Circle -..
at 2011-01-25 14:45

以前の記事

2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...

検索

お気に入り

カテゴリ

はじめまして
アメリカ生活
日々の出来事
お出かけ
旅行
食べ物:お外
食べ物:お家
おけいこごと
手芸
ESLのこと
ちょっとした情報

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧